☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01
28
(Mon)

「とるにたらないものもの」 

とるにたらないものを江國香織が輝かせるエッセイ


江國 香織 / 集英社(2006/05)
Amazonランキング:132486位
Amazonおすすめ度:



 ほんとうに取るに足らないものなのだ。信号に始まり、輪ゴム、食器棚、フレンチ・トースト、洋画劇場、ピンクなど生活の中で使ったり見たりしているものたち。それらがたとえば不便である、便利である、もしくは、好きだ、嫌いだという印象を述べるだけでも、江國さんが書くとやわらかく素敵なものに思えてくる。たとえば、嫌いなものだとしても、それに対する恨みごとではなく、好きだと感じられる人間になりたいとか、嫌いだけどどうしても気になるとか、そういう否定ではない表現になる。
 それでなくとも、彼女がそれらに持っている印象は、普通に暮らしている人では持ちえない印象であると想う。ユーモアがあって、ちょっと世間からずれているというか、ゆったりしているところが微笑ましい感じがする。
 自分がたまに断片的に思い出す、昔見ていたもの、感じたものを、こんなふうにあらわせたら素敵なことだと想う。でも、自分が書いても、きっと「だからなんなのだ」とおもしろくもなく、輝きもしないような気がする。
 江國さんが感じ、書くものだから読んでみたいと想うのだ。
(江國さんに思い入れがなかったら、やっぱりツマラナイのかもしれないけれど)

 この本を読んでいると、ゆったりした気分になり、生活のいろいろなものがいいものに思えてくる。心が豊かになるような気分だ。でも、この本を読んでいたのは移動途中の電車の中だった。それも、大阪で最も煩雑な環状線。「京橋」というアナウンスを聞いたあたりから現実に戻り始める。雑居ビルの立ち並ぶ風景に、騒がしいおばさんやうつろなおじさん。失礼な話がっかりする。「玉造」で電車を降りるころには、仕事のことを思い出し、キリキリ歩きはじめなくてはいけない。非常に残念だ。
 やっぱり、江國さんの短編やエッセイは、家で、それも寝る前に読むのがベストに違いないと思う。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/265-afba049d

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。