☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02
10
(Sun)

「ダウン・ツ・ヘヴン」 


森 博嗣 / 中央公論新社(2006/11)
Amazonランキング:3285位
Amazonおすすめ度:



「スカイ・クロラ」シリーズ第3巻「ダウン・ツ・ヘヴン」です。

「Down to Heaven」―天に墜ちる?

 この間は、「ナ・バテア」の続きで草薙の視点です。
戦闘中に怪我をして入院させられた草薙。一刻も早く、再び空を飛びたいと願う彼女だったが、彼女を取り巻く状況がそうさせてくれない。レベルの高い戦闘機乗りである彼女は、上官になることを望まれ、また、「会社」の広告塔として動くことを余儀なくされる。初級パイロットへの研修や、記者会見、パフォーマンスとしての戦闘―。

 キルドレとして生まれ、永遠に続く生を、空を飛び、死と日々向き合って暮らす草薙。その一番愛する空を飛ぶという自由な世界を、大人や社会というものから奪われようとする危機が訪れる。 いつも観念的な世界だったこの本に、少し周囲の世界が入り込んでくる。
この世界の「地上」では、戦闘は一般人に向けての、なんらかのパフォーマンスらしい。会社と会社や、政府が絡んで大人たちが利害で争っているようだ。印象としては、平和の大切さを知らしめるための戦争なのかもしれない。大人たちは戦闘で人が死ぬことを非難する傍らで、戦争を推し進めている。その真っ只中で、ただ空を愛し、死んでいくのがキルドレなのかもしれない。

 この間でもちょこちょこつながりがみれます。前号に出てきた人との再会や、おそらく重要になってくる「彼」がココで登場します。あと2巻が気になります。

ダウン・ツ・ヘヴン―Down to Heaven

ハードカバー(鈴木成一デザイン室)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/267-9efbc7a3

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。