☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03
30
(Sun)

「失われた町」 

 人々が消え去る町。大切な人を突然失った人々の戦いと願いを描いた作品


三崎 亜記
Amazonランキング:140096位
Amazonおすすめ度:



 「となり町戦争」の三崎さんの作品。この作品も、私たちの生きる世界と基本はあまり変わらないけれど、異質な現象を抱えている、不思議な舞台を持っている。

 この世界では町から住人が「消滅」するという現象が起こる。「町」は何らかの意思を持っており、住人はそれから逃れることができない。失われた町に関して、残されたものは言及してはいけない。たちまち町に誘われて「汚染」されてしまい、廃人になる者もいるからだ。そのため、「町」は名前も存在もなかったことにされ、住人がいた痕跡も隠されるし、国中の書物・写真もすべてが検閲され、破棄される。町の消滅は人々の間では禁忌であり、「穢れ」として通っている。
 残された人々は、町について、消えてしまった人々について悲しんでもいけないという非常につらい立場に立たされてしまうのである。

 「月ヶ瀬」という町が、30年前の「倉辻」という町に続いて消滅しており、この月ヶ瀬の消滅に様々な形で関わることになった人々の悲しみと戦いの30年が描かれている。生涯を消滅に関することにささげる人。恋人を消滅で亡くし、消滅を食い止める研究へ進もうと決意した人。消滅で家族を失った人々を影で支えながら、心を町に奪われた恋人を見守る人。妻が消滅してしまい、残された特別な子どもと生きていく人。様々な人間が消滅とかかわり、次の新たな悲しみを生み出さないために、「月ヶ瀬」を望める風待ちの丘に集まる。30年という年月を経て、失われるものもあるけれど、新たに生まれる希望が出てくる流れがとても感傷的だった。

 なんだか物々しい雰囲気が漂っていたけれど、決して諦めない信念と家族や恋人への愛情に溢れており、最後はどこか希望を感じられる作品です。

<出てくる人についてちょっと書いてみます>
 ペンション風待ち亭からは月ヶ瀬の町が望め、夜は消えた人々の思いといわれる「残光」が光る。そこには家族が消滅してしまった男性が住んでいる。町の遺留品の回収員としてきた茜という女性がそのままそこにとどまり、手伝いをしている。彼女の恋人和宏は、町に心を汚染されて、話すことも記憶を残すこともできない。ただ、ずっと月ヶ瀬の町の現在の風景を描き続けている。 

 白瀬桂子は消滅について調査・処理を行う国家機関の管理局の人間で、消えてしまった月ヶ瀬の被害が広がらぬよう任務についている。彼女は倉辻の消滅の際に唯一消えずに残った消滅耐性の人間であり、ずっと国の管理下で実験台のような存在として生きてきた。日々汚染による命の危険にさらされながらも、必死で町と対峙し続ける、この作品の中核をなす存在。一方で、脇坂という男性に惹かれ、壮絶な過程を経てまでも結ばれようとする一場面もある。
 
 坂上由佳は、町の消滅で恋人よりも深い絆で結ばれた潤を亡くした。そのまま忘れてしまうほうが幸せだったに違いないが、天才だった潤が残した月ヶ瀬と消滅関するメッセージを胸に、町の禁忌へと挑もうとする女性である。そんな痛々しいまでの由佳を、高校の同級生の横山勇治はずっと気にかけている。

 英明の妻は、妊娠して里帰りしていた月ヶ瀬で消えてしまった。妻は「分離者」という人間で、(多重人格的な人が別々の人間として分離できる技術ができているらしい!)その「別体」だった。喪失感にさいなまれる中、妻の「本体」に会いに行くことにする。やがて、二人の間に子どもができる。ひびきと名づけられたその子どもは、不思議なことに妻の本体が産んだ子どもであるが、妻が産むはずだった子どもの意思も持っていた。彼らは後に重要な存在になる。

 最初の「プロローグ、そしてエピローグ」は月ヶ瀬の消滅から30年たち、新たな町が消えようとしている場面だ。後に読むことになるのは、その日に至るまでの30年の一部。一度読み終わってから読み返すと、出てきた人々のその後どんな道を辿ったかが分かり、それぞれ思いがそこに終結されている。必ず読み返して欲しい部分です。

<どうでもいいけどちょっと思ったこと>
・桂子が主の部分の、地の文で「桂子さん」というふうになぜ「さん」がついていたのだろう??
 茜のところは茜が語っていると考えれば「中西さん」と書いてあってもOKなんだけど・・・。 

・現実にないことば・制度・現象を表すのに漢字は便利ですね。なんとなく意味が分かるから。でも、「特別汚染対象者」「裸眼検索」「消滅耐性」「感情抑制」・・・ってなんだか、戦時中の話を読んでいるようで物々しかった。横文字だったらライトだけど、SFちっくになりそう。

・表紙がすごい。透明のカバーが巻かれているが、本体に町の絵が、透明のカバーに人々の絵が描かれており、透明カバーを外すと人が町からいなくなる仕組み。装丁は大久保伸子さん。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/282-f65196e6

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。