☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05
11
(Sun)

「憑神」 

落ちぶれ武士が祈ってしまったのは、不運の神様だった!次々に襲い掛かる不幸にどう立ち向かうのか!?


浅田 次郎
Amazonランキング:45546位
Amazonおすすめ度:



 
 幕末の江戸。別所彦四郎は、将軍家を代々守る御徒士の別所家に生まれた次男。格上の井上家に養子に入り、一男をもうけたものの、妬みにあい、離縁させられてしまった。今は兄の住む実家で居候し、離れで実母とともに無役の日々を過ごしている。
 妻子と離れ、職もなく、日々を嘆く彦四郎は、見覚えのない祠を発見する。そこに出世するように拝んだのだが、「三巡稲荷」と呼ばれるその祠は、拝んではいけない、霊験あらたかな不幸になる祠だった。貧乏神に家財を吸い尽くされ、疫病神に死ぬぎりぎりまで苦しめられ、そして最後には死神が憑くという、最悪の運命が待っていた。

 映画にもなった、浅田次郎さん作の時代小説。
 不運に見舞われる武士の顛末はコミカル。最初は自堕落で情けないと感じられた彦四郎だけれども、読んでいくうちに、幕末の武士がとうに失ってしまった、本来の武士の生き様を持ち続けている男だということが分かってくる。武士らしい生き方は、それが平和ボケで廃れてしまったために政権が危うくなったのであるが、時代にすでにそぐわない生き方になってしまっている。武士として、最後に彦四郎がとる行動は必読の場面である。

 これは、楽しく、ハートフルな話で、時代物を読まない人や、本が苦手な人でもおもしろく読める本だと思う。

   
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/289-e5bda179

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。