☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.01
29
(Sat)

「9月11日からのぼくのこと」 


小林 紀晴 / 講談社(2003/09)
Amazonランキング:313,481位
Amazonおすすめ度:



今日は暖かい一日だった。
布団でも干したいくらいだったのに、今日はバイトで干せなかった。
バイトは、学校の図書館のカウンター。
外は晴れているのに、暗くてじめじめしてて、暖房から冷風が出てくる図書館の中。
そとは暖かそうな日差しがみえる。せつない。
1時から5時半まで、ただひたすら、すわるだけだ。
テスト前といえども、うちの学校の図書館に人が来るはずもなく・・。来館者は延べ人数14人。
暇だ。

持ち込んだ本を読んだ。
小林紀晴の「9月11日からのぼくのこと」。
彼自身の話かと思いきや、小説のようだった。
ニューヨークに住む少年と、911の話。彼は父親が日本人、母親が中国人。
中国語と日本語をある程度話せて、英語はすこししか話せない。
アジア人など移民が多く働く地帯でバイトをしている。
民族としてのアイデンティティの確立が難しく、悩んでいる。
そこにおきた、アメリカ同時多発テロ。
言葉がわからない、テレビのない彼には何が起こったのかあまり把握できない。
日本や、アメリカの外では、報道がしっかりなされ、飛行機が飛び込むところ、人が飛び降りる光景、そういうものが見れる。
でもニューヨークでは、ちゃんとした情報が流れてこない。
見えるのは煙。逃げる人々。戦争が起きる、逃げなくては。ここは戦争地帯。はいってはならない。
彼の知り合いは、ニューヨークから逃げ、日本に帰った。
心配した父親が日本からやってきた。
でも彼は帰る気はない。
好きだった女の子の写真と特徴が書かれたビラが貼られていた。

短い話だった。1時間でよめた。
ニューヨークのなかであの事件を体験したら、本当にこんな感じだったんだろう。
何が起こったかわからない。「I have no idea.」。

読んでしまった。
さぁ暇だ。
新聞ダイジェストの別冊・時事問題の本をながめる。
夏に出たものだから、ちょっと結果がわかっていたり、変わってしまった内容もある。
後で確認しなくてはいけない。
わたしは、金融・経済が苦手だ。
仕組みがわからない。
まだ、政治のほうがわかる。がんばって読まなくちゃね。

ほとんど人が来ないまま一日が終わってしまった。
もっと本を持ってくればよかったかなと・・。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/29-94a57c9c

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。