☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04
24
(Thu)

「ゾラ・一撃・さようなら」 


森 博嗣
Amazonランキング:81630位
Amazonおすすめ度:



 森博嗣さん2007年発刊の1冊。シリーズモノではなく書き下ろし作品。

探偵の頸城悦夫は、友人の法輪洋樹から、クライアントを紹介される。クライアントは志木真智子というフランス在住の女性で、母親と共に日本に来ていた。洋樹の叔父であるタレントで元知事である清治郎が持つ宝石を取り戻して欲しいというものだった。それは、母親が昔持っていたもので「天使の演習」と呼ばれる宝石という。本当に取り戻せるのか見当もつかない仕事だったが、真智子に少なからず興味を抱いた頚城は仕事を請ける。
 頚城は清治郎の自叙伝の出版という名目で清治郎の屋敷に潜入することに成功する。清治郎は、今、命を狙われているといい、実際に頚城の目の前で何者かが仕込んだ爆弾が爆発する事故も起こった。命を狙っているのは「ゾラ」と呼ばれる殺し屋らしい。「ゾラ」は噂を流した後、銃で一撃で暗殺するという。
 頚城はゾラの問題と、宝石を取り戻そうとする志木母娘の計画の両方を調査することになった。

 帯に「新感覚ハードボイルド」とあるけれど、結構ソフト。ハードボイルドというと、バーボンがにあい、銃や苦境にめっぽう強い、渋い無口な男や、国家・世界をまたにかける組織VSマフィアというような臭いイメージがある。分かりやすく言えばゴルゴ31!定義が分からないのでなんともいえないけれど、ハードボイルドではなかったと思う。スリリングでロマンスがあるあたりがハードボイルドだったのかもしれない。

 タイトルがいい。一見意味は分からないけれど、ぴったりではある。森さんの小説のタイトルはリズムがあるから好きだ。 
 書き下ろしなので、これだけでも楽しめるけれど、やはりこの作品もシリーズのサイドストーリーになっていて驚いた。ひとつは「天使の演習」。「魔剣天翔」「捩れ屋敷の利鈍」「四季~秋~」で出てくる保呂草氏が追っていた秘宝「エンジェル・マヌーヴァ」のことだ。
もうひとつは、法輪の屋敷にいた「蓑沢素生」という盲人の元詩人。あれ、どっかで見たぞ見たぞと思っていたらS&Mの「夏のレプリカ」で、萌絵の友人簑沢杜萌の兄ではありませんか。しかも失踪してしまい、ラストにそっと登場して、なんだったのか分からないまま終わってしまった謎の人物です。もしかして清治郎の息子だったのだろうか・・・?それも分からないままである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/290-9e87b23d

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。