☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04
29
(Tue)

「黒笑小説」 

 エゴ丸出しの人間の滑稽さが満載!


東野 圭吾
Amazonランキング:817位
Amazonおすすめ度:



「もうひとつの助走」★
「線香花火」★
「過去の人」★
「選考会」★
「巨乳妄想症候群」
「インポグラ」
「みえすぎ」
「モテモテ・スプレー」
「シンデレラ白夜行」
「ストーカー入門」
「臨界家族」
「笑わない男」
「奇跡の一枚」
 ★は「文壇」にまつわる作品


「毒笑小説」「怪笑小説」に続く第三弾「黒笑小説」。
 ミステリで有名な東野さんのまったく違った風合いの作品。それはギャグであったり、シニカルなものであったりする。直木賞までとって、クールな作品を出し続けているような、第一線の作家が書きそうにないような内容ばかり。「世界のいろんなものが巨乳に見える」とか、ものが見えすぎてホコリや花粉まで見えてしまうとか、考えても誰も文章化する人はいなかったんじゃなかろうか。
 帯には「ヤケクソで描いた」と書かれているけれど、ギャグは楽しそうに、シニカルなものにはストレートな怒りや憤懣が溢れているような気がする。 

 この本は、文壇事情を描いた4作から始まる。クールで華やかそうな文壇の世界。でもそこは、作家のエゴと、出版社の思惑が錯綜し、どろどろした、ヤナところ、と東野氏は見ているのだろう。
 4作を通して2人のキーパーソンが現れる。売れなくなったが「大物」と思い込んでいる古株の寒川氏。新人賞を受賞し、冴えなかった仕事をやめて、大物作家になったと勘違いしている熱海氏。この二人のそれぞれのエゴ。裏で痛快に出版社の面々がこき下ろしてくれる。

 ほかの短編は、日常生活にありえないシチュエーションを描いたギャグ。どれもアホ臭くて面白い。

 ミステリより、まっさきにこっちを買ってしまうのもなんですが、おもしろいですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/292-f5689241

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。