☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05
25
(Sun)

この作品は、「ラブストーリー」というライトなタイトルがついているけれど、非常に不可解で、そして怖くて、悲しい話だ。主人公達は「脳」「記憶」を研究している。フィクションとはいえ、専門的な理系用語が並ぶが、根底には恋情、嫉妬、友情などの人間臭い感情がある。そしてミステリーは「殺人事件だけじゃない」と改めて感じさせられる作品だ。


序章、主人公の敦賀崇史は、親友の三輪智彦からはじめて恋人を紹介される。二人は中学からの親友で、今はコンピューター大手のバイテック社に入社し、二人とも2年間MACという専門学校で研究をしている優秀な若者である。親友にようやく恋人ができたことを素直に祝福する崇史であったが、その女性が、電車で気になっていた女性だったことが分かり、驚くほどの嫉妬の念に襲われてしまう。

本章に入ると、読者はとまどうことになる。三輪と交際しているはずの麻由子と崇史が同棲しているのである。MACを出て、バイテックで正式に働き出したところを見ると1年後のようだ。これだけならば、1年の間に何らかの事件で三輪から麻由子を奪ったのだと予想されるけれど、そうではない雰囲気が漂う。崇史は「三輪」という存在をなぜか忘れていたのである。それに気がついた崇史は、次々と記憶に違和感を感じ始める。

一方「SCENE」で始まる項は、MACに通い、三輪と麻由子が交際する序章の続きのようである。二人の仲に崇史は、日に日に高まる嫉妬に悶絶する。ダメだと思いながらも、三輪に嫉妬し、麻由子に近づきたいという気持ちは抑えきれない。この、3人の日々や、脳に関する研究をする場面が描かれている。脳の研究では三輪は「記憶を差し替える」研究を進めているようだ。

 そしてもう片方の、「1年後」の崇史は、この読者が直前に読んだ3人のエピソードの断片を思い出して困惑する。それは麻由子と自分が交際していたのではなく三輪と麻由子が交際していたような情景なのだ。
 本当は麻由子と三輪が交際していたのか?それならなぜ今麻由子と自分が?三輪はどうなったんだ・・・?

 この二つのシーンが、SFのような並行した世界なのか、どちらかが夢なのか、1年の間に何かが起こった過去と未来の話なのか。読者にはどういう展開が起こるのか、どんな真相があるのか大きな謎として襲ってきて引き込まれるのだ。

 当然、この真相には「脳の研究」が関わってくる。真相にだんだん近づく崇史と、それを拒もうとする見えない何か。それがなんだか分からないから、うっすら恐怖を感じる。
 そして、最後は3人の恋愛感情のすれちがいの果てに起こった、悲劇的な真相が分かるのである。

 東野圭吾さんはすごいと思う。「ガリレオ」シリーズなどの推理小説もあれば、「白夜行」などの本格長編ミステリもあり、「手紙」のような感動作品もあり、「怪笑小説」のようなお笑い小説もあり・・・。『THE推理小説』もかけるし、人間のエゴやぐちゃぐちゃしたところまで表現したミステリや、そうでない作品まで書いてしまう。
 まだまだ読んでいない作品ばかりだけれど、すでに色々なテイストの作品を読んだような気がする。ここまでライトに読めるのに面白い作品ばかり書く人もすごい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/296-992e5c79

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。