☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.09
30
(Fri)

「工学部・水柿助教授の日常」 


森 博嗣 / 幻冬舎(2004/12)
Amazonランキング:34,805位
Amazonおすすめ度:



 水柿教授は某国立大学・工学部建築学科の助教授。
妻の須磨子さんはミステリィ小説が大好きで、その手の話題には手厳しい人です。
 「ミステリィとは何ぞや」を水柿君が、妻・須磨子さんを見ながら考える・・・という話かと思えばそうでもないのです。
 
 そう、果たしてこれは、小説なのでしょうか?エッセイなのでしょうか?
明らかに「水柿君」は著者なのですが、著者が水柿君について語っている感じになっています。
(著者の森博嗣さんは、本当にどこかの国立大学の工学部の助教授なのです。この作品はおそらく異色で、ほかの作品は本格ミステリーの長編ばかり。工学部教授で小説家というのもすごいものです。)
 
 とにかく脱線が多いです。
小説に脱線ってどういうこと?
でも脱線するんです。
 叙述レトリックも満載です。うちの教授が好きそうな言語ゲーム満載です。
( )書きの説明が多く、そのほとんどが常套句に対するどうでもいい突っ込み、あるいは、注意書きです。
あと、やたら読者に話しかけてきます。
正当な小説好きの方は気をつけてください。

 また、この、タイトルの長さ。
第一話 ブルマもハンバーガも居酒屋の梅干で消えた鞄と博士たち
第二話 ミステリィ・サークルもコンクリート試験体も海の藻屑と消えた笑えない津市の史的指摘
第三話 試験にまつわる封印その他もろもろを今さら蒸し返す行為の意義に関する事例報告および考察(「これでも小説か」の疑問を抱えつつ)
第四話 若き水柿君の悩みとかよりも客観的なノスタルジィあるいは今さら理解するビニル袋の望遠だよ
第五話 世界食べ歩きとか世界不思議発見とかボルトと机と上履きでゴー(タイトル短くしてくれって言われちゃった) 

 ・・・・。読んだら、あぁ確かに出てきたなぁ、と思います。
私は第3話が好きです。大学入試を大学教授から見た視点や、カンニングに関するテクニックなど、大学生が見れば面白いテーマがたくさん詰まっております。

 ちなみに、装丁は、私が好きな鈴木成一さんのデザイン事務所でした。
笑えるミステリィ?小説?エッセイなのでお暇なときに読んだらいいかと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/3-0718cc86

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。