☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06
25
(Wed)

「狐闇」 


北森 鴻
Amazonランキング:530025位
Amazonおすすめ度:



 旗師である・宇佐美陶子が、自分が陥った苦難と、歴史の大きな謎に迫る長編ミステリー。宇佐美陶子が出てくる作品は4作あるらしく、これは3つ目くらいのようだ。 1つ前に紹介した「凶笑面」(蓮杖那智シリーズ)の「双死神」とリンクしており、その他いくつかの別作品の登場人物も出てくるという、順番に読んでいる人にはたまらないであろう1冊。

 宇佐美陶子は「冬孤堂」と呼ばれる骨董業者。店舗は持たずに、市で競り落とした美術・骨董品を他の業者や個人に転売する旗師である。彼女はとある市で青銅鏡を落札する。しかし、この鏡は市に出るはずのない「三角縁神獣鏡」だった。この魔境に関わったせいで、何者かに交通事故にあわせられ運転免許を剥奪される。その上、贋作つくりの疑いをかけられ骨董業者の免許である「鑑札」を剥奪されてしまう。また、鏡に関わった2名が謎の死をとげてしまう。
 様々なものを失った陶子は、自分を陥れた何かに立ち向かう決心をする。
 ここで、青銅鏡の謎と、徐々に浮かび上がってくるのが「税所コレクション」の謎である。
税所コレクションとは、明治時代・堺県の県令であった税所篤が集めた骨董品であり、宮内庁管轄である「大仙古墳(仁徳天皇陵)」を盗掘したのではないかという、大きな疑惑と探るには危険すぎるもの。陶子は、友人の硝子や、民俗学者の蓮杖、骨董業者の雅蘭堂たちの大きな協力を得て、税所コレクションと、自分を落としいれようとする者たちの目的を暴いていく、スリリングな話である。

 私は、大仙古墳の真隣にあった大学に4年間通っていたという点で、非常に興味をひかれた。4年間、さほど古墳の歴史について何も知らず、横から見てしまえば、ただ青々とした山というか森のような存在だっただけに・・・。税所篤という人もはじめて知った。彼は、私欲のために遺跡を荒らした悪人か、廃仏稀釈から遺跡や遺品をぎりぎりのやり方で守った善人か、2つの見方をしていたところがおもしろかった。

 事件をめぐって、陶子と、犯人達が互いに相手を崩すために用意する切り札が、実際に現在起こった事件だけでなく、歴史上の解釈まで含んでいるため、難解で何の事件を探っているのかわからなくなりそうだった。歴史の謎と事件の謎、両方を追うとても深くて面白い作品だった。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/301-454894d0

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。