☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08
17
(Sun)

「イニシエーション・ラブ」 

気を抜いて読んだら気がつかない、トリックがしこまれた恋愛小説。



 なんてことのない青春恋愛小説・・・。しかし、帯に書かれているとおり、最後の行で単純な話ではなかったことが分かる仕掛けになっている、面白い形式の本である。
 また、時代が90年代初頭であり、時代を髣髴させるキーワードが満載である。そのころは子供だったので懐かしくはないけれど、携帯がない時代の固定電話での恋愛は大変そうだ。

 SideAでは、静岡の大学生鈴木は、偶々誘われた合コンで成岡繭子という女の子に好意を持つ。鈴木は数学科に通う、優秀だが無口で地味なタイプ。もちろん彼女がいたことはない。グループでテニスや海水浴に行く中で、成岡さんとだんだん距離が近づいていき・・・とうとう電話やデートにこぎつける。マユはおくてな鈴木をさりげなくサポート。鈴木夕樹の「夕」をカタカナ読みして「たっくん」と呼ぶことに。女性と付き合うのがはじめての鈴木くんの甘く、ドキドキの恋愛が進んでいく。
 
 SideBでは、静岡の大学を卒業し、ギフト会社に就職した鈴木。東京に数年配属されることになり、恋人のマユと離れることになる。はじめは毎週のように静岡に帰っていた鈴木だったが、慣れない社会人生活にストレスを感じる。そんな中、同じ課の石丸さんという美女に好意を抱かれ、ダメだと分かりながらも、だんだん惹かれていく鈴木・・・。そんな中、マユが妊娠していることが分かる。

 一見、ごくごく普通でありがちな恋愛小説。しかし、普通の恋愛うぶな鈴木が、数年たってから、甘い恋愛を終える・・・という単純な話ではないのである。その仕掛けは、最後の1行に隠されていると帯には書かれている。確かに、最後の1行を読めば、なるほど!となるはずだ。ただ、中身を少し慎重に読んでいけば、最後にたどり着く前に、この本のトリックとやらに気がつくことはできる。(SideBのはじめのほうで私は気がついた。推理小説じゃいつも見破れないけれど、今回は楽勝。。)

 このトリックに気がついたら、この単純な恋愛小説に「女の強かさ」を感じずにはいられない、男性にはちょっとホラーなお話に変わることだろう・・・。

 
★ヒント 
AとB比較しながら注意して読めば簡単。

→未読なら
・時系列がどっちが先か。
・たっくんの性格・趣味・格好などなど

くらいを気をつけていれば、結構簡単に分かるのでは?

→既読なら
一番分かりやすいヒントというより答えは、帯にも書かれているように
最後、石丸さんが鈴木を呼ぶところ。
これで分からなかったら、もう一度読みましょう。
(Aでマユちゃんがなぜ「たっくん」と呼び始めた?)

確かにもう一度読むと、細部にわたって、
AとBの違いが見えてきます。
すごい伏線の量。

それにしてもマユという女、堕胎までしておきながら、
かなり強かだ。
Bの鈴木氏は何も気づかず、棄てたマユに罪悪感を感じている。
哀れである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/314-c8b3fe1e

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。