☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.01
06
(Thu)

「蒼穹の昴」 


浅田 次郎 / 講談社(2004/10/15)
Amazonランキング:4,076位
Amazonおすすめ度:


浅田次郎の「蒼穹の昴」。文庫本にして4巻分の大作。とても面白かった。
お正月の間にゆっくり読もうと決めていたのに、結局28日から読み始めて1日には読了してしまった。

話の舞台は中国清朝末期。西太后が権力を握っていた時代で、ラストは「百日維新」「戊戌の政変」が舞台になっていた。世界史の教科書なしには読めません(笑)この後の、溥儀のあたりの話はよくあるみたいだけど、ここにスポット当てたのはすごいなと思う。
李鴻章、袁世凱、康有為といった世界史で見たことある名前から、何故か、乾隆帝(の霊?)やカスティリオーネ、後の毛沢東まで現れる。かなり勉強にもなる感じだ。

話は、2人の人物を中心にまわっていた。1人は李春雲という極貧の子。もう1人は梁文秀という地主の次男。放蕩息子だけど、科挙に挑戦する。私は、この文秀さんがお気に入りです。破天荒な人物だけど、すごい意思を持ったかっこいい人だと・・・(^^;)
李春雲は、占い師に将来国の財宝を手にすると予言され、科挙を受ける文秀についていき、彼とは別れてしまう。後に自ら宦官となり、西太后に仕える身になる。文秀のほうは、科挙に見事トップで通り、皇帝の下につかえるようになる。(宦官についても勉強(?)になる。纏足にしろ、宦官にしろ中国って近代まですごいことやってたんだなぁ・・。)
この二人の運命や、清の国の行方、西太后をめぐる人々などなどがからまって話は進んでゆきます。

人と人のつながりが巧妙。中国語で読みにくい名前の上に、多くの政治家がでてくるので、人物把握が大変だったけど、思わぬところにつながりがあるし、一人一人の設定もおもしろかった。
「西太后」の書き方もおもしろかった。彼女は、実の夫や子どもを殺してまで権力を握り、贅沢をつくした怪女というイメージがあった。確かにそういう部分も描かれていたけど、ここでは、甥である皇帝を愛し、弱いところもたくさん持つ女性として描かれていた。大国を背負わされた悲しい運命を持つ女性だった。

とても長い話だけど、続きが気になって、一気に読めた。時間がある方、中国の歴史が好きな人にはとくにおすすめです。
それにしても歴史小説ってすごい、って改めて思った。いろいろな史実を調べて、研究した上で、資料を物語に、人物にキャラクターを、作者なりの解釈で作っていく。並大抵のことじゃぁできないです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/32-ee1d88c5

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。