☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09
25
(Thu)

人間の幸福  

事件を通して見えてきた、隣人達の人間模様。

宮本 輝
Amazonランキング:304090位
Amazonおすすめ度:



 宮本輝さんというと、「文学」を書いている人で、いつも私が読んでいるような本とは違った、重く深いテーマを扱っているというイメージがある。多分、教科書やら国語の便覧に載っているような人だったからだ。教科書に載ると、話の一部を、文節は・・・この文法が・・・作者は何を言おうとしているのか・・・などなど、話を楽しめたものではない。一気にツマラナイ印象になってしまう。宮本さんの作品もきっと小難しいものなのだろうと、勝手に思っておりました。

 この文庫を偶々発見したのだが、「ミステリー」に区分されるようだった。ミステリー好きとしては、ミステリーの切り口なら読みやすいに違いないと思い、購入した。表紙の絵がブリューゲルだったのも買った一因ですが、残念ながら表紙の絵が表示されておりませんね。

 とある民家で主婦が殺害される事件が話しの発端である。主婦は隣のマンションの住人とトラブルを起こしていた。もちろん住人達は、警察の執拗な取調べ・聞き込みを受けることとなる。なかなか犯人は捕まらず、住人達は苛立ち、周囲を疑ったり、わけもなく自分の行動にそわそわしたりする。
 主人公である敏幸は、ここの住人で、犯人ではない。ただ、階上に愛人が勝手に引っ越してきており、警察の取調べの中でそれが露見するのではないかと必要以上に怯えている。この敏幸であるが、事件のせいで、今まで目を向けなかった住人達に目を向け、いろいろ疑いの目で見るようになる。敏幸は他人を尾行すること、他人を言葉でいじめていくことへの快感を自分の中に発見するのである。
 その中で、仲のよかった住人と居酒屋の女将の不倫や、堅物だった老人の意外な素顔、隣人の元に通う謎の男、部下の意外な嗜好、普通のOLの裏の顔など、知らなかった人間の姿を発見していくこととなる。

 主人公は探偵役ではない。見ていたら情けないし、変な嗜好もある、あまり魅力的ではないおっさんである。ただ、疑いをかけていく中で、様々な人間の裏事情がみえてきて、それぞれの絡みも見えてくる。事件の解決も気になるところであったが、いったいこの人々はどんな秘密を隠し持っているのかが非常に気になってしまう。その中には、人がそれぞれ、自分とは違う幸福や不幸を持っていることが分かる。彼らと、比較して自分は実は幸福なんだろうなと感じることもある。なんてことのない隣人達にも、それぞれの心が広がっている。それを敏幸は発見していく。

 日笠のように、怪しいと感じていた奴が次第に仲間となって盛り上げていく様もなかなか面白い。
地味な作品なのかもしれないけれど、奥が深くて面白い作品だった。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/321-78d7d88c

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。