☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10
01
(Wed)

「陰陽師 瀧夜叉姫」 

陰陽師シリーズ8弾!平安の世を揺るがした「あの武将」が蘇る!?

陰陽師瀧夜叉姫 下 (3) (文春文庫 ゆ 2-18)


 夢枕獏さん「陰陽師」シリーズの第8巻の「瀧夜叉姫」。
 安倍晴明と源博雅の二人のやりとりがたまらなく好きで、ずっと読んできたが8巻も出ているのかと驚きだ。飄々とした晴明と、優しいいい漢である博雅の同性愛かと見まがうほどの(笑)友情。ふたりが「ほろほろと」酒を飲み、自然や人の世を考える場面。巧みな方術で事件を解決していくおもしろさ。平安時代という雅なのに闇を持ち合わせているという時代の描き方。すべてがいい!

 「瀧夜叉姫」は、シリーズに珍しく長編である。
 都では不穏な事件が相次いでいる。ものを盗らずに去っていった妖しい女の盗賊が、昔活躍した貴族や、豪腕で名の知られた俵藤太という男の屋敷に現れた。また、あいついで孕み女が腹をひきさかれて惨殺される事件も起こっていた。
 そんな中、晴明は賀茂保憲に、平貞盛という男に会うように頼まれる。晴明は例のごとく博雅と向かうのであるが、貞盛の顔には不気味な瘡が広がり、挙句に、顔が現れて別の人格がしゃべるという異様な状態であった。晴明は、この病の原因を探っていくのであるが、都に起こる様々な事件とあわせて、「ある人物」が関係していることに気がつく。そして、死んだ「ある人物」を蘇らせ、都をひっくりかえす事態を引き起こそうとする陰謀にたどり着くのである。

 冒頭で、幼い晴明や、道萬が出会った、人間の体の一部を集めている妖しい百鬼夜行や、詳しく説明される様々な人物がやがて、物語の重要なシーンであることが分かってくる。
 歴史上の有名な武将たちの史実を上手い具合に絡ませて作られたストーリーが、スリリングで面白い。今回の晴明は、大技を繰り出すわけではなく、地味な方術や機転を組み合わせ事態を好転させていく。ただ事態がおもしろくなればと茶々を入れる道萬が、ちょっとピンチになったりする。たくさんの人が出てきて、色々な役割を果たしていくのもまた面白い。
 下巻では、復活した「武将」が己を取り戻していく最後のくだりや、真の黒幕が分かってくる。なかなか壮絶で切ない話だった。


 平安に現れる鬼たちや、晴明たち陰陽師が繰り出す術もおもしろいけれど、酒を飲みながら人や世界について、知らず知らずに「呪」に触れてしまう博雅と晴明の会話もおもしろい。
わざとらしいといえばそうかもしれないけれど、世の中も神も鬼も人の心が作っているのだという考え方が、当たり前だけど気づかないから新鮮でおもしろいと思う。こういう話は哲学になるのか、宗教になるのか・・・。気になるなぁ。すごいぞ博雅。

「桜が桜であるがごとくに、博雅は博雅のごとくにありたいと、そういったではないか」
「言ったか」
「言った」
「しかし、何故、それがおもしろいことなのだ晴明」
「人は、なかなか、今おまえが言うたごとくには生きられぬ」
「うむ」
「誰ぞを手本とし、その誰ぞのように生きようとすることはあっても、
 己のごとくに生きようとは、人は思うたりはせぬものだ」  (58頁)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/323-d3951972

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。