☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004.12
17
(Fri)

「負け犬の遠吠え」 


酒井 順子 / 講談社(2003/10)
Amazonランキング:14,752位
Amazonおすすめ度:


今更ながら「負け犬の遠吠え」を読んだ。ゼミでオス負け犬について発表した割りに実は読んでいなかった。
エッセイだからカナリさくさく読めた。書き方も面白い。負け犬がひしひしと感じている本音やら、実態やらがとても面白く読める。「負け犬にならないための10か条」も笑える。
「負け犬」の方や、女性問題に目くじら立ててる人には不満な内容かもしれない。でも、日本の社会が抱える女性の問題をずばりと書いている本だと思う。「負け犬」の原因・生態を見ることで、日本にはびこる結婚観や社会の風潮など多方面から考えることができる。負け犬を成り立たせている仕事や都会や住居。家族の問題。少子化の問題。などなど。
日本の結婚ってこんな構造かぁと納得させられる。男性は「低方婚」、女性は「上昇婚」。だから、オタクの男と高学歴高キャリアの女があまるのだと。
中でも考えたいところは「結婚して子どもを生むこと=女性の幸せ」という図式についてだとおもう。私はまだ全然結婚とか考えられないからかそうは思わないけど、長期的に見てったらそう思う日が来るのかもしれない。平等で階級のない社会みたいにゆってるけど、負け犬と勝ち犬のなかでかなり複雑な階級構造がありそうだと思う今日この頃。勝ち犬でも、貧しく苦労している主婦や、女を捨てたようなおばさんもいれば、「セレブ」もいる。みんな自分より下がいないか差別化をどこかではかろうとしているのかもしれない。

これ読んでて「私負け犬なりそう!?」と思った。自分の時間がほしいとか、仕事はずっと続けたいとかゆってる時点で・・ねぇ。危ない危ない。負け犬になるまであと9年。されど・・。
でもこの話しは、お正月は軽々しく口にできませんよ。周りを見ないと・・わぁぁ

☆BOOK 酒井順子 「負け犬の遠吠え」 講談社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/33-b175fd94

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。