☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10
26
(Sun)



 せっかく書いたのに消してしまった・・・。がんばってもう一度書きます。

 続いて、深夜特急の第三便を読みました。第一便はまた今度!
デリーから乗り合いバスでロンドンを目指すために始まった、沢木氏の香港からの長い旅。第三便のこの巻では、トルコから、ギリシア、イタリア、フランス、スペイン、ポルトガルを経て、ロンドンへ向かう、旅の終盤が描かれている。
 トルコでは、日本から頼まれたものを渡すために、亡くなった画家の愛人に会いにいく。ギリシアではヨーロッパと旅の終わりを感じ、ローマでは今度は先の画家の未亡人と出会う。フランスから、寄り道で南ヨーロッパを訪れ、ポルトガルで最果ての岬に立つ。

 旅をはじめて1年を超え、沢木氏の旅への感じ方がどんどん変わってきている。それは、アジアから次第にヨーロッパの国や文化に入り、国の違いによるものだけではなさそうである。長く旅を経験してきたおかげで、新しいものに触れる喜びや好奇心が薄れ、これまで経てきた国や経験を思い出してしまうのである。旅の始まりが青年期であるとすれば、もう、壮年や老齢期といったところだと感じている。ヨーロッパが迫り、どこかで旅を終えなくてはいけない、終えたくない、終えるのが怖い、でも終えなくてはいけない。そういう漠然とした不安や焦りが見えてくる。
 放浪のたびを続ける沢木氏の心境や、物価も高く、観光地としても名高いヨーロッパという別の文化圏に入っていく雰囲気が、混沌としたアジアが終わり、旅の終わりという寂しい感じを呼び起こすところが面白い。
 
 おもしろかったのが、アジアとヨーロッパの境界を「お茶」で捉えているところ。アジアの各地では、いたるところでチャイを飲むことができ、「茶」「チャ」「チャイ」と、「C」で始まる呼び方をしている。ところが、ヨーロッパでは茶ではなく珈琲を飲む。そして、紅茶は「ティー」「テー」など「T」で始まる呼び方をされているのだ。トルコまでは入れるもの、飲み方は違えどチャイが売られ、振舞われていたが、ギリシアに入ると、珈琲や「ティー」の国々になってしまう。この考え方では、トルコまでがアジアなのである。 ところが、ポルトガル語で紅茶が「CHA」(シャ)ということが、果ての岬サグレスを訪れたときに分かる。なかなか面白い邂逅である。
 チャイはインド料理店で出されたことがあるが、牛乳が入っているため私には飲むことができない。旅ができないなと思う大きな理由は、好き嫌いがひどいところにもあることは間違いない。

第13章 使者として (トルコ)
第14章 客人志願 (ギリシャ)
第15章 絹と酒 (地中海からの手紙)
第16章 ローマの休日 (南ヨーロッパⅠ)=(イタリア・バチカン・モナコ・フランス)
第17章 果ての岬 (南ヨーロッパⅡ)=(スペイン・ポルトガル)
第18章 飛光よ、飛光よ (終結)=(パリ、そしてロンドン。そして・・・?)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/333-a95eaaa8

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。