☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11
14
(Fri)

「もうひとつの季節」 

 

保坂 和志
Amazonランキング:81803位
Amazonおすすめ度:



 先日読んだ「季節の記憶」の続編です。これも購入。文春文庫率が上がってきた。

 マイペースの極みのような中野さん、松井さん、美沙ちゃん、そしてクイちゃんにまた会うことができる、おもいがけないプレゼントのような本である。しかもなぜか挿絵つき。
 
 この本も特別なドラマはない。前作からさほど時間がたっていない、冬の鎌倉。いつもと同じように中野・クイちゃん・美沙ちゃんは散歩に出かける。ただ変わったところは、迷い猫の茶々丸が仲間に加わったことだ。クイちゃんはこれでもかというほど茶々丸と遊ぶ。唯一のドラマといえば、茶々丸の本当の飼い主が見つかるという「危機」くらいである。
 
 そんなクイちゃんを見ながら繰り広げられる、哲学的な会話も健在である。
 クイが中野が赤ちゃんだったころ、猫と写っている写真を見て、「あの赤ちゃんは赤ちゃんだったパパなんだよね」「赤ちゃんだったパパは死んじゃわなくてパパになったのに猫は死ん、じゃったの」と問いかける。人間が成長することは知っていても、ぱっと写真を見せられると、地続きで人が成長していくということがまだ認識できていない。そんな細やかなことを描いているのだ。成長と、猫には訪れた「死」。大人でも出せない答えを中野がありきたりにならないように伝えようと苦心する。

 もうひとつは「世界」の感じ方についての議論。突然昔の旧友に出会ったときに感じる気持ちや、自然の一場面で感じた言葉で表せない気持ちがある。言葉という枠組みの中で感じているのか、言葉の外で感じているのか?それならば子供は大人と同じように考えられないのではないか、いや、感じられるはずだ。そんな答えの出ない議論が続いていく。

 どうでもいいところで、彼らの家の周りではヤマバトがないている。「クックックゥ、クゥウ、クゥウー」。
実家の周りでこの鳥の鳴き声がよく聞こえており(早朝によく聞こえていたような気がする)、ハトらしいというのは大きくなってなんとなくわかったのであるが、どの鳥なのか、ヤマバトという名前すら知らなかった。そもそも、あの独特な鳴き声を声や文字にしたことがなかったので、軽く感動を覚えてしまった。今住んでいる都会にもハトがいっぱいいるが、やつらは違うハトのようである。

 この作品の場合は、クイちゃんが非常に魅力的な存在である。子どもの思考、動き、ことばの描き方がとてもうまいし、大人を唸らせるような問いを投げかけてくるところがかわいいし賢い。
 続編が読みたくなる作品は、その作品でしか味わえないの空気がずっと続いていて欲しいと思わせるものがある。また、登場人物が非常に魅力的である。主人公だったり、仲間の雰囲気であったり色々であるが、もっと彼らの「未来」もしくは「過去」が知りたいと思う。
 ただ、あんまり続きすぎると、やはり、飽きるし、内容が乏しくなる感じも否めない。
 この作品は2冊目でも、1冊目と変わらぬ清清しさがあって、うれしい。
スポンサーサイト

コメント

御礼 

ご返事、誠にありがとうございます。貴方のおっしゃる通り、ネットですと作家と読者の出会いもあります。今回、初出版して最大の収穫は本を出さなければ出会えない全国の皆さんと出会えることです。こうして貴方とも出会えましたし。今後もネットを活用しまして読者との出会いを求めてゆきたいと思っています。時折、HPを覗かせていただきますので。それでは、奄美より。

 

〉森永さま
こんにちは。本を書かれているのですね。ネットだとこういった本との出会い方もあるのでおもしろいですね。機会を見つけて読ませていただきます。

自著の小説のご紹介 

真面目なメールです。私は鹿児島の奄美大島に住む森永洋一と申します。4月に小説『あの夏にすべてを賭けて』を全国発売いたしました。佐賀県で本好きの方のブログを検索しておりましたら貴方様のブログを見つけました。現在は大阪にお住まいですね。自著の案内をさせて下さい。奄美が舞台で鹿児島の大学生が主人公の、非常に切ない恋愛小説です。サスペンスの要素もあります。6月に鹿児島の新聞で取り上げられ鹿児島では多少話題になっています。西日本新聞でも紹介されました。現在、増刷改訂版が出ています。ご興味がありましたらご一読、お願いいたします。大阪の図書館では寝屋川市立図書館、松原市立図書館、大阪市立此花図書館にあります。ただし初版本です。最寄の図書館にない場合はリクエストしていただけるとありがたいです。セブンアンドワイのみんなの書店に店長様のコメントが出ていますのでご参考にしていただければ。よろしくお願いします。それでは失礼します。奄美より

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/338-3f9cec1a

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。