☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11
29
(Sat)

「探偵伯爵と僕」 

 「子供たちに、大人は偉いと見せかけている。これはなかなか大掛かりなトリックだ」



 久しぶりの更新です。年末は忙しく、本を買えず・読めず・更新できず。そんな中、しばらくカバンに入れていたのがこの本。

 近頃、「理不尽な理由」で人を殺す人がいる。「社会に恨みが」「自暴自棄になって」「誰でもいいから殺したかったから」。誰もがなぜ彼らが殺人に走ったのか理由を知ろうとする。彼らは異常な精神の持ち主で、悲惨な過去や挫折の昔があり、あぁそんな人間ばかりが生まれてくるのか、怖い怖いおぞましい。
 「理不尽な理由」とは言うけれど、人を殺していい正当な理由は何処にもない、と私は思う。「理不尽な理由」でなくとも、奪う、排除する、守るなど、誰もが理解できる理由があれば、殺していいのかといえばそうでもない。殺していけないものは殺してはいけないものなのだ。事例を細かくしていけバイクほど、その信念は薄れてしまう。
  そもそも人を殺してはいけないというルールは、自分が殺されたくないという意識が一番の根底にあるだろう。自分が殺されないためには、相手を殺すか、殺されなくてもいい関係・状況になければならない。昔は前者が勝っていたのだろうが、学習したのか、ヒトは殺されなくていい関係を、法律やルール、宗教など「殺してはいけない」という考え方によって作ってきたんじゃないかと、荒削りだけど思う。
 逆に、私たちが何故人を殺さないのかを考えてみる。法律で決められているから、悪いことだから、必要がないから、怖いから、哀しいから、誰かが悲しむから。動物なら自分の命を守ったという事実しかないが、人間にはそこに各々あらゆる感情が起こるのだ。殺されたくないという気持ちに加えて、殺したくない理由が溢れているのである。
 感情、家族、社会的地位など抑止してくれるもの、ルール。なんでもいいから、人それぞれなにか思いとどまらせているものがあるはずである。「理不尽な」殺人犯たちにはその何でもいいから抑止するものがなかった。悪いことであるとは知っているのである。ただ、それは世の中から押し付けられたものでしかないのだ。色々な要因があるとは思うが、どんな人生の歩み方にしても、殺してはいけない、殺さない、自分なりの理由や抑止してくれるものが見つけられないとそうなってしまうのだろう。
 かといって、自分がヒトを殺してはいけませんっ!と啓蒙してまわる気はないし、そんな社会にならないように色々支援活動などもできないし、現実的ではない。できることといえば自分が殺さないことと、少なくとも怨恨などで殺されないような生き方をすることと、子どもができたとして、それを考えるきっかけを与えてあげることくらいだろう。

 殺の字が多くて物々しく、長くなってしまいましたが、この話は、一見夏休みの冒険譚と見えて、実に深いおもしろさを持った本です。
 小学生の新太は、自分をアール(伯爵)と呼ぶ男と出会い、「友達」になる。伯爵は探偵で、何かを調査しているが、ひげ面で真夏でも真っ黒なマントのようなスーツを着ており、神出鬼没で実に怪しい風体である。そんな中、新太の友人が失踪する事件が起こる。伯爵は、どうやら一連の子どもの誘拐殺人事件を独自に追っているようである。そして、新太自身も狙われ、ピンチに陥る。この一連の話が、夏休みに起こったハラハラする冒険の日記になっている。
 日記とはいえ、ラストにも関係するが、とても小学生の日記とは思えない出来である。小説家だから気づくのだろう、言葉やレトリックへのツッコミが面白い。伯爵のキャラクターがよい。最初「ZOKU」のような、架空の団体、社会制度の人間なのかと思ったが、ただの話が深くて行動が怪しい、魅力的なキャラクターだった。新太自身も、言葉多少知らなくても、思考が子どもと思えない(お話なので当たり前であるが)。ドライで頭がいい、どこかかわいくないけど、いい子どもである。
 ユニークなキャラクターに起こる事件。子どもに分かりやすい、小説家の言葉遊びが詰まった、面白いお話かと思えばそうでもない。恐ろしいのは起こっている事件が、現実に近いものである点である。小学校で何人もの児童を殺害する事件例や、「理由」なく子どもを殺す愉快犯が出てくる。多くの大人がなぜそんなことをするのか理解が出来ないと訴え、仇を討ちたいと必死になる大人たちを見た新太。彼は「嫌なことだからしたくない」から殺さない、殺してはいけないんだなと自分なりに冷静に考える。
 現実に起こりうる事件を用いて、社会派で重々しく感情や事件を絡ませた素晴らしい作品もあるが、この話は、子どもの視点を用いて、軽いタッチでこの問題を書いたところがすごい。 ミステリは往々にして、事件がやはり現実的ではない。面白いのは解決するところにあるからだ。森さんの今までの作品も解決が面白いものが多かった。メッセージはこめられているが、あまり表立っておらず、むしろ難解だった。この本は、なんか違う、分かりやすいなと感じていたけれど、『かつて子供だったあなたと少年少女のためのミステリーランド』という子どもも読めるシリーズが元だったということで分かりやすかったのだ。なるほどね。

 表紙は鈴木成一デザイン室のものでした。空のような地面のような、不思議な絵・・。
 
スポンサーサイト

コメント

>ポポイさま 

こんにちは。いつもお越しいただきありがとうございます(^^)
森博嗣さんは内容ももちろん、装丁も楽しみです。
近い将来執筆をおやめになるとのことで残念です。。

がんばって更新しますのでこれからもヨロシクお願いします。

初めまして♪ 

本の趣味が近いことから、いつもレビューを楽しみにさせてもらっている、ポポイといいます^^この作品は森博嗣の違った一面が見れてとても面白かったです。表紙も素敵ですよね。本棚にいつまでも置いておきたい一冊です。これからも素敵な一冊のレビュー楽しみにしています♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/339-b74ca0b8

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。