☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02
22
(Sun)

「凸凹デイズ」 


山本 幸久
Amazonランキング:214380位
Amazonおすすめ度:



 仕事の目標を「やりがい」と答える人も多い。「やりがい」と一言にいえど、大きな仕事に挑むことに感じる人もいれば、楽しく好きな仕事をすることに見出す人もいる。この話ではより大きな仕事に挑もうとする人、小さな仕事に、自分の才能に悩む人、小さな仕事でも役目を果たすことに喜びを感じる人、さまざまな働く人が出てくる。その中でも、仲間と衝突したり団結したりしながら仕事をしていくことのよさを描いている。

 主人公の凪海 はたった3人のデザイン事務所「凹組(ぼこぐみ)」で、スーパーのチラシやエロ雑誌のレイアウトなどをひどく安い給料で働いている。遊園地の再建のプレゼンで、凪海のキャラクターが採用され、凪海は「QQQ」というデザイン事務所に出向という形で、キャラクターデザインの仕事に取り掛かる。「QQQ」は大きな賞も受賞し、雑誌に出るほどの有名な事務所である。
 決して胸をはれない価格も安い仕事と、おしゃれで注目の事務所での有名な仕事どちらがいいのか。子供のころから描いてきたキャラクターが仕事に使われるようになったとたん、生き生きと描けなくなる。凪海は仕事の悩みと、歓迎されないQQQでの人間関係の悩みにぶちあたる。
 
 この話で一番大きいのは「醐宮」の存在である。醐宮は「QQQ」の代表で、以前「凹組」から大きな仕事を求めて凹組を離れた過去がある女性。醐宮はデザイン事務所を束ねるも、すでに自らデザインを手がけるよりも「営業」としての役割を持つバリバリ働く。その仕事スタイルは、体でとったであるとか、他人の成果を自分のものにしたと揶揄され風当たりも強い。実際、「凹組」とも確執もある。凪海の視点の話では、自分の利益になるものは、なんでも奪い取っていく強烈な女性に見える。
 一方で、10年前の「大滝」視点の話では、勤めているデザイン事務所から独立し、仲間と新しい目標に向かう、大滝・黒川・醐宮が描かれている。天才の黒川と、デザインもでき営業にもなる醐宮、そして二人に比べ凡庸であることに妬み、悩む大滝がいる。 醐宮はだんだん大きな仕事を目指して、他の二人と目指す目標にズレが生じるようになる。

 凪海はQQQに出向している間に、大滝と黒川という仲間と仕事をしていくことにやりがいがあったということに気がついた。一方、醐宮については強引だけれど、目標を高く持ちまい進する彼女が嫌いではなかった。醐宮の「寂しさ」も理解した凪海は、大滝・黒川と醐宮の仲を回復させ、目標を低く置いてしまっている「凹組」に喝を入れる役目を果たす。

 番外編の凸凹ホリデーでは、凹組とQQQに仕事を回す、代理店営業の盤井田君視点の話である。醐宮が戻り、徐々に仕事を増やしていく凹組。その姿は楽しそうで、生き生きとしていて頼もしげだ。サラリーマンの彼には、喧嘩したり、ときには強い結束を見せる凹組をうらやましく思う話になっている。

 私は遠からずな業界で働いていますが、デザインという仕事はセンスや才能といった、数字では測れない難しい部分を持っている仕事です。自社のデザインの人たちは、印刷会社という中途半端な組織にいるため、組版とデザインのどちらつかずになり悩みが多そうです。また、とあるデザイン会社では、文字ひとつの配置にも気を使い、大きなプロジェクトも営業畑では気づけないところまで考えをめぐらせるプロ魂を見ました。そんな自分の仕事に近いという点からもこの本は楽しめました。醐宮に注目してしまったのは、営業をしているからかもしれません。デザイナの卵だったら凪海に注目していたんだろうなと思います。
 仕事は人とのコミュニケーションや協力や信頼が一番だなと最近よく思います。人をないがしろにしてしまっては、仕事もうまくいかないし、精神的にもつらいことが増えるばかりです。仕事のやりがいだけ、給料だけでは仕事は続けられない。社内の人間関係については恵まれた環境にいるので(あとはお客さんとうまくいけば問題なしだな)、今の仕事はなんだかんだややこしくなっても、まだやめられないなと思います。
 
スポンサーサイト

コメント

藍色様 

こんばんは。
コメントおそくなりました。
自分の仕事と似た仕事の本は、
怖くもあり、興味もあり・・。

 

つらい仕事。仲間っていいなって思いました。
トラックバックさせていただきました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/350-68f37ddc

凸凹デイズ 山本幸久 

雑誌のレイアウトもスーパーのチラシも何でもござれの弱小デザイン事務所。 キュートでコミカルなデザイナー青春小説。 入社した新人女子...
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。