☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03
07
(Sat)

「ガール」 


奥田 英朗
Amazonランキング:50699位
Amazonおすすめ度:



 
 男性よりも女性のほうが、人生になんらかのドラマを感じていそうな気がするのは気のせいでしょうか?結婚・仕事・子どもの3大(?)テーマから、彼の親と住む・住まない、年齢に美容にと、悩みや「壁」がたくさん立ちはだかっています。男性と女性では、その問題たちに立ち向かう姿勢が違うような気がします。

 この本は、働く30代女性を描いた短編集です。恋愛・結婚だけではなくて、仕事でぶち当たる壁や他の働く女性たちとのぶつかりあいも細かく書いてありました。しかし、そういった女性への悲観や批判などがなく、いやな気持ちが残らないさっぱりした話ばかり。
 一つ目の話では、夫との賃金格差と自身の出世に悩む女性。
2話目は、独身でのマンション購入を考え、仕事では秘書課と秘書に囲まれる役員のおっさんに立ち向かう女性。
3話目は、バブルを潜り抜け若さを保とうとするけれど、もうワカモノ「ガール」は卒業なのか・・・と年齢に悩む女性。
4話目はシングルマザーで仕事もバリバリ復帰し、独身女性となにかと競い合ってしまう女性。
5話目は、新人の男の子がどうしても気になってしまう、恋愛と年齢を考える女性。
 
 最近のアラサーやアラフォーと呼ばれる元気な女性たちが出会いそうな話ばかり。どの女性もこの悩みを抱えるかといえば(たとえばマンション購入とか)そうでもないでしょうが、なかなかいいところをついていて面白かったです。
 30代なら「ガール」じゃなくて「ウーマン」っぽいと感じますが(「日経WOMAN」のせいかもしれないけど)、もう「ワカモノ」の部類ではないけれど、いつまでも「女の子」を残していたっていいじゃぁないかという3話目の題名なのが「ガール」。この1冊につけるにはいい題名ですね。
 奥田さんといえば、「空中ブランコ」などのぶっとび精神科医の話や、最近映画になったララピポなど、結構楽しいけれど男っぽい濃い話のイメージが合ったので、ここまで詳しい女性の生態を描いた話とは・・・!と驚くばかりです。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです

 

トラックバックさせていただきました。
読後スッキリの一冊でしたね。

トラックバックお待ちしていますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/352-a2a19b3a

ガール 奥田英朗 

滝川由紀子、32歳。仕事も順調、おしゃれも楽しい。でも、ふとした時にブルー (表題作)。ほか、働く女子の気持ちを描き込み、話題騒然と...
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。