☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08
07
(Fri)

「さがしもの」 


角田 光代
Amazonランキング:2990位
Amazonおすすめ度:



「この本が、世界に存在することに」という題名でもともと発刊されていた、本にまつわる短編集。

角田さんが、作家だから当たり前という感じではなく、ごく自然に本が好きなのだと愛情が伝わってきます。最初は角田さんのエッセイかな・・?と思ってしまうほど、日常の中や恋愛の中にポンと存在する本と登場人物のかかわりが書かれています。
「旅する本」は、昔読んだ、紛れもなく自分が売った本が、世界各地の古本屋で何度も目の前に現れるという話。舞い戻る感動もさながら、読むたびに違う感覚を得る驚きは体験してみたいもの。
他にも、旅館においていかれた本に、元の持ち主の人生を思う話や、人々の記憶が書き込まれた「伝説の古本」にまつわる話などが。私は、買った本は手放さないのですが、旅をさせるのも、また一興だなぁと思いました。(ブック○フじゃ味気ないかな。できればいろんな人の手を渡る方法がいいな)

表題作「さがしもの」は、余命わずかの祖母から探してほしいといわれた1冊の本を孫が探し続けるはなし。大型書店から古本屋まで探す中で、少女にとって本がなくてはならない存在に。そして何年もたってようやくその1冊にめぐり合います。

「だってあんた、開くだけでどこへでも連れてってくれるものなんか、本しかないだろう」

というその祖母の台詞があります。本は自分の見知らぬ土地、考え、体験、人生を体験したかのような気分になる、お得な存在です。ただ、私は、どこか違う世界に連れてってくれるという感覚はあまりないのです。おもしろい、かっこいい、怖い、考える、とりあえず普段の思考をシャットダウン、すばらしいストーリーをつむぎだす作者に感嘆する。あらためてなぜ本が好きなのだろうと考えてみたけれど、ただ「おもしろいから」というほか言いようがないのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/367-c33784d7

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。