☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004.01
19
(Mon)

「青空のむこう」 


アレックス シアラー, Alex Shearer, 金原 瑞人 / 求龍堂(2002/05)
Amazonランキング:15,921位
Amazonおすすめ度:


 前買った「チョコレートアンダーグラウンド」のあれlルクス・シアラーの作品。
 交通事故で死んでしまったハリーという少年が主人公。ハリーは心残りになっているおねえちゃんに謝ることを果たして、「青空のむこう」に旅立つために、「生者の国」に降り立つというお話。
子供向けといった話で、幽霊だけど悲観的過ぎるわけでもなく、こどもだからユーモアのある話の内容。死後の世界というところについてや、ハリーが自分が死んだ後の世界が普通でがっくりするというあたりは、ふーん、って感じで読んでた。
セカチューとかみたいに流行の「感動押し付け」みたいな感じかなと思ったんだ。
 でも、最後おねえちゃんにナントカして自分の気持ちを伝えることができて、ハリーは「青空のむこう」へ旅立つ決意をする。それはもう「ハリーとして」は二度とみんなに出会えないということも意味している。両親やお姉ちゃんやともだちに「ありがとう」「心配しないで」という気持ちをもって、次の世界を目指して「さよなら」をいうラストシーンはなぜか感涙。希望に満ちているのにとても悲しい。
 いつも、近くにいる人は、失ってしまったらその大切さに気がつく。それを考えさせてくれる本でした。読みやすいし簡単な内容なので是非。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/37-22a9e73f

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。