☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09
03
(Thu)

「片眼の猿―One-eyed monkeys 」 



 勝手に想像したものだから、書かれていない事実に驚かされる本を続けて1冊読みました。

盗聴専門の企業スパイの三梨は、楽器メーカーのライバル会社調査をするために企業にもぐりこんでいる。偶然、とある同じような境遇にある女性・冬絵と出会い、パートナーとして雇うことに。その調査中に殺人事件に遭遇してしまう。殺人事件を調べるうちに、冬絵の秘密や、探偵社通しのしがらみが見えてきて・・・と、結構ハードボイルドな感じの話です。
ただ、三梨のすんでいるアパートには、老夫婦や、知的障害を持つがトランプ芸に長けた男、双子の子どもなどユニークな仲間が住んでおり、無骨だけど明るい人間関係が描かれたりもしています。

 「片眼の猿」とは、99匹の片目の猿の中に1匹だけ両目を持つ猿がいたが、最終的には「正常」な両目の猿は片眼をつぶしてしまう―という話の一説に出てくる話。
三梨も冬絵もなんらかのハンディキャップや悩みを持っていることがうかがえ、それもラストで一気に明かされ、驚きを与えます。
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/372-1c5c4a38

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。