☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09
27
(Sun)

「中庭の出来事」 


恩田 陸
Amazonランキング:46869位
Amazonおすすめ度:



 これは難しい話でした。小説を読むときは、いくら謎があったとしても、出てくる登場人物なり話の筋などをしっかり追いながら読めるものですが、ふわふわと何が起こっているのか、誰なのか、どこに行き着く話なのかがつかめないまま読まなくてはいけない不思議さがありました。入れ子の箱をどんどん重ねたり、また開けて散らかして・・・を繰り返しているような印象です。

 話は「中庭にて」という章と、「旅人たち」という章と、『中庭の出来事』という台本の3つのが入れ替わりに現れます。簡単に説明すると、この「中庭の出来事」という小説の中の「現実」の中に『中庭の出来事』という劇中劇があり、その中に『告白』という劇中劇中劇があるという形になっています。
 女優が脚本家を殺す事件、女優の目の前で女優がなくなる事件、脚本家が自宅で死亡していた事件、オフィスビルの中庭で若い女性が心臓麻痺で亡くなった事件・・・。たくさんの事件が、「現実」「中庭の出来事」「告白」のなかに現れ、どれがどの事件なのか、こんがらがってしまいます。
 
 これが、なんの説明もなく始まるためなにが起こっているのかわからない。何度も繰り返し現れるキーワードや話(とれたボタン、紅茶のスプーン、ビルの間で突然死した若い女性など)に惑わされ、次第にでてくる登場人物の「名前」にしがみついて・・・。その上で、劇中劇中劇・・・という構造が分かってくるのです。しかし、分かったとたん、手からするっと逃げて、わからなくなるような難しさがあります。だから詳しいことはかけないです。

ラストに、あぁ、これらは劇だったのだ、こちらの人々が「現実」だったのだと納得しそうになるのに、彼らもまた劇の中に閉じ込められてしまう。劇というもの、「見られる」ということをつきつめた結果できた、非常に難しく、凄い作品です。時間を置いて、もう一度読んでみたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/375-2d7a39ce

- 

管理人の承認後に表示されます
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。