☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004.11
18
(Thu)

ALONE TOGETHER   


本多 孝好 / 双葉社(2000/09)
Amazonランキング:159,273位
Amazonおすすめ度:


主人公の男の子は、他人と自分の波長を同調させることで、相手の深層心理をつむぎだしていく能力を持っており、関わった人々は、自分が本当はどんな考えを持っているのか、その意味のなさや矛盾などを暴かれていく。1つの事件の解決を導くまでに、たくさんの人の心に触れ、葛藤しつつも彼自身最後には希望を持てるようになるというお話。読まない限り説明つけにくいけど。
ミステリーらしいけど、能力もそんな過激なものではないし、事件も裏も複雑ではないからミステリーという感じはしない。ただ、人間の心について考えさせられる。主人公には、自分の持っている、信じている役割は、誰かのためではなく、結局は自分に都合のいい解釈をしているだけだ、そんなことを暴かれてしまう。でも、その事実にどこかで諦めをつけて、考えないようにしておかないと壊れてしまうんだろうな、きっと。目をそむけているから、うまく生活していけている面もあるんじゃないかと思う。逆に他人を傷つけている場合もあるけど・・。うまくいえない(´`)

彼の能力は一種の「呪い」といわれていた。呪いといっても、カルト的な呪い殺すーみたいなものではなくて、「言葉」で相手の心を暴き出していく。それが、相手を救うことではなく、虚無感、絶望などを与えてしまう結果になってしまうから「呪い」と彼は呼んだんだろう。陰陽師で名や形容、ことばは「呪」である、という清明の言葉を思い出した。

なんか内容に引き込まれるしとても読みやすい本でした。 
♪BGM♪ ZIGZO  何から何まで
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/38-e30dcccb

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。