☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10
28
(Fri)

「ロックンロール」 


大崎 善生 / マガジンハウス(2003/11)
Amazonランキング:147,078位
Amazonおすすめ度:



内容(「MARC」データベースより)
ある中年新人作家が第2作執筆のためにやってきたパリ。そこに突然新米女性編集者が訪ねてきた。新しい恋がはじまるのか、それとも…。ツェッペリンの名曲をバックにパリで繰り広げられる恋模様と人生を描く長編小説。


なんとなく目に付いたので借りてきました。
40歳の新人作家植村吾郎。おじさんが主人公。熱帯魚雑誌の編集長を辞めて、作家業に専念することにするも、2作目を書かないまま、だらだら2年くらいの時が過ぎてしまいました。
 担当編集者の高井真吾に2作目をせかされ、一念発起してパリで執筆活動をすることに。何とか、少年の旅物語を書き初め、山手線のようにルーティンする毎日が訪れます。

 高井の彼女の遍歴は「奈美、美久、久美子」というしりとりで並べられます。
その3人目の「久美子」がまた曲者です。
 久美子は他出版社の新人編集者。ある日、いきなり植村の元に訪ねてきます。
植村はルーティンが崩され、彼女に対する「恋」のような気持ちに揺れ動きます。
 久美子の男性遍歴は、「一真、真吾、吾郎」・・・・。

 ロックらしいロックを聴いたことがないので、それに対するおじさんの精神とか、よく分かりません。
中年おじさんの一時の心のよろめきというかなんというか。
格段おもしろいとか、すばらしい!とか言うわけではなかったけれど、さらりと読める文章でした。

 大崎さんのもっと有名な話から読めばいいものを、ちょっとマイナーなものを選んでしまったみたいです。
「パイロットフィッシュ」とか有名みたいですね。

♪BGM♪ YUKI   WAGON
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/50-88f6f1a5

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。