☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.11
24
(Thu)

「夏のレプリカ」 


森 博嗣 / 講談社(1998/01)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:



 S&Mシリーズ7作目。「誘拐・失踪・ちょっと密室」。今までの作品の中でいろいろな意味で異なる風合いの作品です。

あらすじ
 那古野市の実家に帰省したT大学大学院生の簑沢杜萌。西之園萌絵にあった後、実家に戻ると、家族は誰も在宅していなかった。
 次の朝、杜萌の前に仮面をした誘拐犯が現れ、自分が誘拐され、家族も囚われていることが発覚した。しかし、誘拐事件は、犯人3人のうちの2人が殺害されるという奇妙な結末を迎える。逃亡する、3人目には殺害が無理。一体誰が殺したのか。
 しかし、事件はそれだけではなかった。杜萌の異父兄弟である兄が、外から施錠されていた部屋から失踪していたのだ。目が見えず、詩人である、綺麗な心を持った兄。わだかまりを残したままの兄の所在を心配する杜萌・・・。


 まず、前作「幻惑の死と使途」の表裏をなす作品です。こちらは偶数章しかありません。手品師匠幻の事件を追っている時期とちょうど重なっているのです。萌絵はこちらの事件にのめり込み、院試もあったため、この事件には最初殆ど関わることがありません。
 どうでもいいけど、幻惑~と夏の~を、1章から順番に読んだらしんどそうですね。萌絵がジグソーパズルに二つの絵が混ざっていたら気持ちが悪くなると言っていましたが、まさにそのとおりになりそう・・・。

 杜萌の視点から話は進んでいきます。萌絵も犀川先生もあまり出てこないというところで、他の作品と違います。特に犀川先生はあんまり出てきません。
 誘拐事件と、その犯人たちの謎の殺害事件。
 杜萌の兄の失踪と、事件はかかわりがあるのか。読者は杜萌と兄の間にどんな秘密が隠れているのか、杜萌は兄に関して家族が何を隠しているのか、とても気がかりになります。
 
 S&Mシリーズを読んできた中で、「夏のレプリカ」は初めて泣きそうになりました。
 ラストの真相もそうですが、表現がとても印象的で、とても切なかった。読み直してしまいました。F~も印象に残りますが、今までで一番印象的な話でした。
 客観的に事件を見ること。今回、萌絵に課された試練のようなものでした。中にいたら外から見るのは難しい。匠幻の事件にかかりきりで、誘拐事件は「遠く」から見ていたけれど、「客観的」な視点とはちょっと違う。客観的に事件を見たとき、導き出される答えはとても悲しいものでした。解きたいパズルとしてではない事件は重いですね。
 推理小説ではよくあることですが、犯人が分かって、その後がかかれることがないものが多いです。たしかに、逮捕されて、どういう刑罰を受けたかなんて知っても、ミステリィではちょっと興ざめ・・・。
でも、この犯人さんたちはあの後ちゃんと命を落とさずに出頭したんだろうかということは少し気になります。
 あと、最期に萌絵が出会った出来事。あれは、ある意味、杜萌にとっての希望でしょうか・・・。なぜ彼があそこにいたのか、家族は何を杜萌から隠そうとしていたのか。謎は結構あります。ご想像にお任せ・・・なんでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/64-a6106dbc

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。