☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12
03
(Sat)

「海辺のカフカ(上)」 


村上 春樹 / 新潮社(2005/02/28)
Amazonランキング:3,985位
Amazonおすすめ度:



  村上春樹はかなり有名な作家だけれど、今まで1冊も読んだことがなかった。”中毒”になってしまう人もいるほどだと聞くし、日本の現代文学の上でも特徴的な人だとも聞いたことがあるような気がする。はじめ、村上龍と混合しかけていた。「ノルウェイの森」とか「ねじまき鳥クロニクル」とか、最近では「アフターダーク」「東京奇憚集」と結構名前は知っているのに、一体どんなかんじの小説を書いているのかも知らなかった。
 ずっと気になっていたけれど、なんとなく読む気がしなかった。でも、この前、なぜか読む気になったので、在庫の中で一番新しかった「海辺のカフカ」を読むことにした。

 物語は二つの視点から進んでいく。
 中学3年生の少年「田村カフカ(仮名)」は、長年温めてきた家出の計画を実行し、何の当てもないまま四国・香川に移る。その途中、目覚めたら見覚えのない場所にいて、血で服が汚れているという謎の出来事に遭遇する。
 彼は、そこにある小さな歴史ある図書館に通い、そこでであった大島さんや佐伯さんという、一風代わった人々と接し、生活していくことになる。多くの書物を読んできたためか、彼と大島さんの会話は非常に哲学的である。
 もうひとつの視点は「ナカタさん」。戦中、山梨の山奥で不思議な事故と、それで記憶を全てなくした中田少年についての、米軍の報告書から始まる。そして、視点は初老になった「ナカタ」さんに移る。ナカタさんは事故の後遺症で障害が残り、識字能力がなく、都の保護を受けて暮らしている。他の人間と同じようには生きれないけれども、それでも彼は慎ましやかに幸せに暮らしていた。猫の声を聞けるナカタさんは、迷い猫探しのをしている中、「ジョニー・ウォーカー」なる怪しい人物に遭遇する。ナカタさんはジョニー・ウォーカーに出会ったことで四国を目指すことに・・・。
 現実的な話だと思っていたら、違った。非現実的な要素がたくさん入り込んだ、ある意味ミステリィだった。ナカタさんの周囲で起こることは全て非現実的だ(空からいわしや蛭が降ってくるとか)。
 謎はたくさんある。ナカタさんのであった事件はなんだったのか。ナカタさんはジョニー・ウォーカーを本当に殺してしまったのか。ジョニーは何者で、カフカの父親であると考えられるが一体なんで?ナカタさんの影は何で薄いの?なんでいわしとか蛭が降ってきて、ナカタさんはそれを当てれたの?カフカ少年はなぜ血をつけて倒れていたの?カフカの心の友かなにかみたいな「カラス」と呼ばれる少年は何者?あー、わかんないです(゜ロ゜)
とにかく、ナカタさんと、カフカ少年がどういう接点でつながってくるのかとても楽しみ。

 もっと硬い文章なのかなと思っていたらそんなことはなくて、すごく読みやすい文章でした。
カフカ少年の会話の中の哲学的な話はあんまり考えないようにして読んだら、普通に楽しく読めるのではないかと。
 ナカタさんのマイペースな感じが気に入りました。
 間があくかもしれないけれど下巻もぜひ読みたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/66-6e986cae

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。