☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01
29
(Sun)

「初ものがたり」 


宮部 みゆき / 新潮社(1999/08)
Amazonランキング:28,657位
Amazonおすすめ度:


再読です。
 このブログ上で宮部みゆきの本を紹介するのは初めてです。
でも、中高校生のときは宮部作品が好きでよく読んでいました。でも大学に入ってから減ってしまいました。
 私が読んだ宮部作品はなぜか時代小説のほうばかり。
「模倣犯」など、現代が舞台の作品は「レベルセブン」「魔術はささやく」くらいで読んでいないんですねぇ。宮部さんの描く、江戸の町が、人がとても生き生きしていて大好きなんです。すごくソフトで読みやすい。

 題名通り、蕪、白魚、鰹、柿、鮭、桜といった「初もの」が絡む謎の事件が並んでいます。
 本所深川一体をあずかる岡っ引きの茂七、通称「回向院の旦那」が中心となり、江戸で起こる謎の事件を追っていくという短編集です。江戸の町人の生活が生き生きとしていて、事件も江戸時代ならではの事情を含ませた奥深いものです。

 ところが、この話を読んで、誰もが持つ感想は、おそらく「美味しそう!」でしょう。
 江戸の町には珍しく、夜中まで屋台を開いている稲荷寿司屋。
茂七が通うこの屋台で出される料理。稲荷寿司だけではなく、椀物、酒、菓子まで出してしまう屋台で、しかもものすごくうまい。稲荷寿司、味噌汁、すいとん、白魚蒲鉾、桜餅、熱燗・・・。読んでいるだけで、すごく食べてみたくなります。
 新しくできたこの屋台であるが、近くの悪党どもがそこだけは近寄らず、一目置いている。そして、店の親父も正体不明である。茂七は武士だったのではないかと踏んでいるが、どうにもわからない。この稲荷寿司屋の親父の謎も、短編全てを通してからんでいておもしろい。

 この初ものがたりは、この作品の中で話が完結していない。宮部さんは続き物として書いていたようだけれど、掲載誌の廃刊でそれがストップしてしまったそうです。いつか続編が書かれることを切望するばかりですね。
 
<収録作>
  お勢殺し    
  白魚の目    
  鰹千両     
  太郎柿次郎柿  
  凍る月
  遺恨の桜
スポンサーサイト

コメント

コメントありがとうございます 

コメント・トラバありがとうございます!

また久しぶりに読んでみたいですね。

 

どれもおいしそうでしたね。

トラックバックさせていただきました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/89-77333904

初ものがたり 宮部みゆき 

岡っ引きの茂七親分が下っ引きの糸吉、権三と摩訶不思議な事件に立ち向かう。 江戸下町に生きる人々が織りなす人間模様を描く連作時代小説。...
 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。