☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02
02
(Thu)

「アフターダーク」 


村上 春樹 / 講談社(2004/09/07)
Amazonランキング:9,313位
Amazonおすすめ度:



「海辺のカフカ」の次に選んだ村上春樹の作品は「アフターダーク」。
古本屋さんが一日限定500円セールを開催。あまり種類がなく、好きな作家のはちゃんと新刊を買おうという謎の配慮をした結果、表紙がシックなこの作品を手に取った。
 

 話は、謎の「視点」から見た夜の街から始まる。短い夜の間に、様々な人間が錯綜する。それを「視点」が淡々と見つめている。

 ファミレスで時間をつぶす少女マリ。
そこに現れたタカハシという姉エリの同級生。その出会いから一晩の物語が始まるといってよいだろう。
 タカハシの知り合いの、カオルやコオロギと呼ばれる女性達との出会い。そして、そのラブホテルで起こった、中国人売春婦への暴行。
 マリは、それらの出会いを通して、姉と自分の間にある壁のようなものについて考える。

 一方、視点は姉・エリのほうにも及んでいる。エリは眠っている。その部屋を視点は眺める。つくはずのないテレビに映る謎の男。夜の間にエリと、エリの部屋で起こっている不可解な状況。エリはなぜ眠っているのだろうか。

 そして、もう一人、中国人売春婦に暴行し逃げた男・白川である。IT関係の会社で淡々と残業をこなす。彼は家族もいる、なぜそのような行為に出たのかはわからない。ただひとつの事実は、中国人たちが彼を追い始めたということである。

 近づきそうで近づかない接点。
 謎のまま、分からないこと。
 
 結局なんだったのだろう?なにが伝えたかったのだろう?
分からない。海辺のカフカでもそうだった。すべてはうやむやのまま、一体どういうことだったんだろうという疑問を残して終わる。
村上春樹の作品はこういう感じのものなのかもしれない。何冊読んでもつかみきれそうにない。難しい。
 でも、作品の雰囲気は好きだった。夜ではあるけれど、裏社会を扱っているわけではない。そういう部分もあるにはあるけれど。いい感じでスリリングだった。
 女の子と男の子の出会い、女の子の姉への感情。そういうところは好きだった。姉に夜中の体験はよく分からなかったけれど。そして「視点」はそもそも何だったのかも分からない。
  
 また時間を置いて読んでみよう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/93-50a59ab0

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。