☆4040の本棚☆ 文庫とミステリに偏っている私的な読んだ本のおぼえ書きです。
  • 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02
07
(Tue)

「沈黙博物館」 


小川 洋子 / 筑摩書房(2000/09)
Amazonランキング:126,183位
Amazonおすすめ度:


 博物館技師の僕が雇われた先は小さな村の屋敷。
依頼主は偏屈な老婆。
老婆が作りたい博物館は、村の人間が死ぬたびに集めてきた「形見」の博物館だった。

「私が求めたのは、その肉体が間違いなく存在しておったという証拠を、最も生々しく、最も忠実に記憶する品なのだ。それがなければ、せっかくの生きた歳月の積み重ねが根底から崩れてしまうような、死の完結を永遠に阻止してしまうような何かなのだ。」

 高圧的な老婆に罵倒されながら、膨大な量の形見を整理し、博物館の構想を練る。そして、老婆の代わりに死者が出るたびに形見となるものを盗みにいく。そのような日々が始まった。
 老女の娘や、同居する庭師、沈黙の伝道師とのかかわり。そして心にひっかかる殺人事件と、僕の兄の存在。そういうものも織り交ぜながら「沈黙博物館」は完成へと向かっていく。


 ストーリというより、世界観にひき込まれました。
日本であるとか、時代がいつであるとか定かではない。ヨーロッパのような雰囲気もあれば、現代のような雰囲気もある。土着の伝統のような雰囲気もある。
 
 死者の形見の収集という、異様な仕事。 
 老婆に圧倒されながらも、のめりこむ博物館や形見たちへの思い。
 自分の内側からなにも発することがない沈黙の伝道師。
 母の形見の「アンネの日記」、兄との思い出の詰まった顕微鏡。

 死や悲しい雰囲気に満たされていて、表紙のように、ずっと頭の中は灰色だった。死は完結で、モノは朽ち果てる。そのモノを保存し、意味を与え、死を完結させないようにする。
その行為に意味はあるのか?私たちはなぜモノに意味をこめるんだろう?そういうものの答えをだす話ではないけれど、そのことについて巣こそ考えました。

 暗い、物悲しい雰囲気で、不思議な世界観。私は好きでした。こういう雰囲気を楽しみたい人にはお勧めです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chaserainbows.blog29.fc2.com/tb.php/97-8776e1b1

 | ホーム | 
ブグログ
プロフィール

4040

Author:4040
4040です*
最近のお気に入りは、梨木香歩さん、森博嗣さん、伊坂幸太朗さんです。
私も読んだぞという方は、これもいいぞという方は是非教えてください♪

最近の記事
カテゴリー
オススメ☆

Wishリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ

ブログリスト

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
新しい本を探しにでかけよう♪

ほんぶろへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ
ブログ王へ
amazonさんより

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。